腸内フローラと免疫

腸内フローラと免疫の関係

人間の全身の皮膚の200倍近くの表面積を持つといわれている腸。そして、その表面にびっしりと敷き詰められるように生息している腸内細菌、腸内フローラ。

 

そんな腸内フローラのバランスを保つことは免疫力の上昇にも繋がると言われています。そこで、ここでは免疫力と腸との関係についてお話していきましょう。

腸内で行われている免疫の働きとは?

腸と言えば食べ物の栄養素を吸収するための器官という認識が強いでしょう。しかし、それだけではありません。腸の粘膜やヒダには免疫細胞が集中していると言われています。なんと、体の免疫システムのうち7割が腸に集まっていると言われているほどです。

 

このように免疫システムが整っているため、腸内に入ってきた食べ物は免疫細胞により無害か有害かを判断されます。そして、無害と判断すれば吸収して栄養にし、有害と判断したものは免疫細胞によって排出するような仕組みとなっているのです。

 

⇒生きたビフィズス菌が腸を整えるライザップの機能性表示食品とは

腸内フローラのバランスも大切

このような腸内の免疫力は、善玉菌のサポートがあってこそ正常に行われるものです。善玉菌優勢の状況であれば、悪玉菌が腸の働きを邪魔してしまうこともないため、免疫活動が活発に行われる事になります。

 

しかし、悪玉菌が優勢になってしまうと腸の働きも悪くなるため、同時に免疫力も正常に働かなくなってしまうのです。その結果、風邪やインフルエンザなどの菌の侵入を許してしまうことになったり、食中毒などを起こす菌も追い出せなくなってしまうことになります。

 

また、私たちの体の中ではどんなに健康な人でもがん細胞が発生していると言われています。そしてがん細胞が特に多く発生するのが、腸の粘膜です。

 

腸内フローラのバランスが良く、正常な免疫力を持った腸ならそうしたがん細胞を排除していくことができますが、免疫力が低下してしまうとそれもままならなくなってしまいます。

 

ガンの脅威から身を守るためにも、腸内フローラのバランスを保ち、免疫力を維持しておくことは非常に大切なことと言えるでしょう。

腸内フローラを整えるためにおすすめ!ライザップのビフィズス菌
バイタルフローラはあのライザップが開発した、腸内フローラを整えることを目的としたビフィズス菌サプリメントです。

人間の腸に最も適したヒト由来のビフィズス菌BB536に加えて、お腹のビフィズス菌を増殖させて整腸効果を示すラクチュロースを配合。

自然のままの食品ではと摂ることができないビフィズス菌を補給するだけでなく、すでに腸内に存在するビフィズス菌の増殖も促すことで、腸内環境を良好にし、腸の調子を整えます。

当サイトが、腸内フローラを整えるために一番おすすめしている商品です!

⇒バイタルフローラの公式サイトはこちらから