腸内フローラの役割・機能

腸内フローラの役割・機能について

腸内フローラとは、腸内に棲んでいる細菌たちを総称した呼び名です。私たちの腸内には100兆もの細菌たちが生存していると言われています。

 

その細菌たちが腸内にびっしりと敷き詰められているように生存していることから、花畑にちなんで「腸内フローラ」と呼ばれるようになったのです。そんな腸内フローラ、一体どのような役割を持っているのでしょうか。

 

腸内フローラの細菌たち

腸内に生息している細菌たちは、大きく3つに分けることができます。善玉菌と悪玉菌、日和見菌です。これらの細菌たちは絶妙なバランスを保ちながら体に有害な菌が侵入するのを防いでくれていると言われています。

 

特に体に良い影響を与えてくれるのが善玉菌で、健康な腸内では善玉菌が優勢の状態が保たれていると言われています。

バランスの良い健康な腸内フローラの役割

善玉菌が優勢となっている健康な腸内を維持することで、体に様々な良い影響をもたらすことができます。例えば免疫力が高まることで細菌感染を防いでくれたり、腸の蠕動運動を活発にさせることで消化吸収をサポートしてくれたりします。

 

また、便秘や下痢になりにくく、悪玉菌による腐敗ガスを抑制してくれるため、おならのニオイの改善も可能です。

 

このように、バランスが保たれた腸内フローラは体の健康を腸の中からサポートしてくれているというわけなのです。

 

⇒生きたビフィズス菌が腸を整えるライザップの機能性表示食品とは

腸内フローラのバランスが乱れると…?

腸内フローラのバランスが乱れて、悪玉菌優勢になってしまったとしましょう。こうなると、普段は体に害をもたらすことのない日和見菌が悪玉菌に加勢するようになってしまいます。それによってバランスはより悪玉菌優勢になり、体に様々な害を及ぼしてしまうようになるのです。

 

腸内環境が悪くなると便秘がちになるため、腸内に残った便が発酵し、更に悪玉菌を増やしたり腐敗ガスを発生させてしまうようになります。

 

その結果、おならが臭くなるだけでなく、腐敗ガスが体を巡って肌荒れやニキビの原因となってしまうこともあるのです。また、免疫力も低下するため、外部から侵入してきた細菌に感染しやすくなってしまいます。

腸内フローラを整えるためにおすすめ!ライザップのビフィズス菌
バイタルフローラはあのライザップが開発した、腸内フローラを整えることを目的としたビフィズス菌サプリメントです。

人間の腸に最も適したヒト由来のビフィズス菌BB536に加えて、お腹のビフィズス菌を増殖させて整腸効果を示すラクチュロースを配合。

自然のままの食品ではと摂ることができないビフィズス菌を補給するだけでなく、すでに腸内に存在するビフィズス菌の増殖も促すことで、腸内環境を良好にし、腸の調子を整えます。

当サイトが、腸内フローラを整えるために一番おすすめしている商品です!

⇒バイタルフローラの公式サイトはこちらから