腸内フローラの悪化原因

腸内フローラの状態が悪化する原因は

普段は善玉菌が優勢の状態で人間の体の健康をサポートしてくれている腸内フローラ。しかし、様々な原因によってそのバランスは乱れ、体に害を及ぼしてしまいやすい悪玉菌優勢となってしまいます。

 

腸内フローラのバランスが崩れる原因には、どのようなものが挙げられるのでしょうか?

 

暴飲暴食や栄養の偏った食事など食生活が原因に

近年の日本では食の欧米化が進み、手軽に食べられるファストフードのお店なども一般的になってきています。そのため、食事で摂取できる栄養素が不足しがちであったり、偏りがちであったりすることで悪玉菌優勢の環境を作ってしまいやすいのです。特に肉類は悪玉菌の大好物。肉類ばかりの食事をとっていると、悪玉菌が増えやすくなってしまいます。

 

また、会社の付き合いやストレスなどから暴飲暴食に走ってしまうのも腸内フローラのバランスを乱す元です。気をつけましょう。

 

⇒生きたビフィズス菌が腸を整えるライザップの機能性表示食品とは

知らないうちに溜まっていることも多いストレス

最近はストレス社会とも言われており、誰でも知らないうちにストレスを抱えてしまっていると言われています。そのストレスが知らないうちにどんどん溜まってしまうと、腸の動きなどに影響し蠕動運動が正常に行われなくなってしまうのです。その結果、便秘がちになってしまいます。

 

便秘は腸内に長時間便が留まることになるため、便が発酵することで悪玉菌が増える…というように、悪玉菌優勢の状況を作りやすくしてしまうのです。腸内フローラのバランスを保つためにも、日頃からストレスはためすぎないように意識していくと良いでしょう。

加齢によって悪玉菌が増えやすくなる

加齢によって体が老化していくことによって、腸内の悪玉菌も増えやすくなると言われています。若い頃は多少暴飲暴食しても問題なかったのに、年をとってからお腹の調子に響くようになった…というのは、よくある話です。

 

加齢によって増えてしまう悪玉菌を抑制するためにも、積極的に乳酸菌を摂取したり、善玉菌の好物である食物繊維を摂ることが大切なこととなるでしょう。

腸内フローラを整えるためにおすすめ!ライザップのビフィズス菌
バイタルフローラはあのライザップが開発した、腸内フローラを整えることを目的としたビフィズス菌サプリメントです。

人間の腸に最も適したヒト由来のビフィズス菌BB536に加えて、お腹のビフィズス菌を増殖させて整腸効果を示すラクチュロースを配合。

自然のままの食品ではと摂ることができないビフィズス菌を補給するだけでなく、すでに腸内に存在するビフィズス菌の増殖も促すことで、腸内環境を良好にし、腸の調子を整えます。

当サイトが、腸内フローラを整えるために一番おすすめしている商品です!

⇒バイタルフローラの公式サイトはこちらから