腸内フローラ 食事

腸内フローラを整えるために食事を改善しよう

腸内フローラの状態が悪玉菌優勢になってしまうと、便秘や下痢をはじめ健康に良くないことが起こりやすくなってしまいます。こうした悪玉菌優勢になってしまう要因は、日頃の食事にあることも少なくありません。食事を見直して、腸内フローラを善玉菌優勢にしていきましょう。

 

肉類ばかりの食事は悪玉菌優勢の源

肉類は脂質やタンパク質を多く含んでいます。この脂質やタンパク質…実は、悪玉菌の大好物な成分だったのです。そのため、肉類ばかりを食べていると腸内フローラは悪玉菌優勢になりやすいといえます。

 

特に近年の日本では食の欧米化が進み、肉類中心の食事となっている人も多いのが現状です。知らない間に腸内フローラが悪玉菌優勢になっている、ということも十分あり得るのです。

 

悪玉菌の怖い話

肉類が大好物な悪玉菌は、消化されないまま腸内に運ばれてきたタンパク質を分解します。その結果、くさいニオイの有害ガスを発生させ、体に様々な悪影響を及ぼすのです。

 

例えば便秘や下痢にはじまり、有害なガスが体を巡ることで肌荒れやニキビ、高血圧などを引き起こすこともあります。更に、最悪の場合は腸炎や大腸がんを誘発してしまうこともあるのです。

 

食事を見直して腸内フローラを改善しよう

さて、悪玉菌優勢の状態が健康に良くないことはお分かり頂けたことでしょう。そこで、善玉菌優勢の環境づくりをしていきたいところですが、最も手軽に取り組みやすいのは食事の改善を行うことです。

 

肉類中心の食事になりがちなのであれば、善玉菌の餌となる食物繊維が含まれている野菜類や海藻類、果物類、きのこ類などを積極的に食事に取り入れていくようにしましょう。また、ヨーグルトやチーズ、キムチ、納豆などの発酵食品には乳酸菌が多く含まれています。

 

こうした発酵食品も合わせて食べるようにしていくことでより腸内フローラの状態を良くさせやすくなるでしょう。

 

⇒生きたビフィズス菌が腸を整えるライザップの機能性表示食品とは

 

このように、腸内フローラのバランスは食事が深く関係している可能性が高いです。便秘や下痢になりがちであったり、肌の調子が優れなかったりする場合は腸内フローラのバランスが崩れているのかもしれません。

 

まずは食事を見直して、腸内フローラのバランスを善玉菌優勢にしていきましょう。

腸内フローラを整えるためにおすすめ!ライザップのビフィズス菌
バイタルフローラはあのライザップが開発した、腸内フローラを整えることを目的としたビフィズス菌サプリメントです。

人間の腸に最も適したヒト由来のビフィズス菌BB536に加えて、お腹のビフィズス菌を増殖させて整腸効果を示すラクチュロースを配合。

自然のままの食品ではと摂ることができないビフィズス菌を補給するだけでなく、すでに腸内に存在するビフィズス菌の増殖も促すことで、腸内環境を良好にし、腸の調子を整えます。

当サイトが、腸内フローラを整えるために一番おすすめしている商品です!

⇒バイタルフローラの公式サイトはこちらから