腸内フローラ 食物繊維

腸内フローラを改善するには食物繊維が有効

腸内の表面には、様々な腸内細菌が棲みついています。表面にびっしりと細菌が棲みついているため、その光景はまるで花畑のようにも見えるため、そうした腸内細菌達は腸内フローラと呼ばれているのです。

 

そしてこの腸内フローラ、健康な人の腸内では善玉菌優勢となっていることが基本です。

 

しかし、不規則な食事や生活をしていたり、ストレスを溜め込んでいたり…と、様々な要因から悪玉菌優勢になってしまうこともあるのです。健康のためにも善玉菌優勢の腸内フローラにしておきたいものですね。

 

そこで、腸内フローラのバランスを改善するために良い成分についてお話していきましょう。

食物繊維をたっぷり摂ろう

腸内フローラの調子を整えるために有効なのは乳酸菌だけではありません。食物繊維を摂ることも、腸内フローラのバランスを整え、腸内環境を改善するためにとても有効です。

 

食物繊維は善玉菌の好物であるため、たくさん摂取することで善玉菌を増やすことができます。また、腸の蠕動運動を活性化させてくれるので、便を出しやすくする効果も期待できるのです。

 

このような働きから、食物繊維は腸内フローラの改善に役立つ成分といえるわけです。

2種類の食物繊維

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類が存在していることをご存知でしょうか?
水溶性とは水に溶けやすい食物繊維のこと、後者は水に溶けにくい食物繊維のことです。

 

基本的に水溶性食物繊維は海藻類に、不溶性食物繊維は野菜類を中心に多く含まれていると言われています。そして水溶性と不溶性の食物繊維はそれぞれ1:2の割合で摂取するのが最も効果的と言われているようです。

 

 

以上のことから、腸内フローラのバランスを善玉菌優勢にするためには海藻類や野菜類を積極的に食べることが大切ということが分かります。

 

タンパク質の源である肉類も人間にとって必要な栄養素ですが、肉類ばかりの食事では悪玉菌を増やしてしまいやすくなります。野菜や海草類もバランスよく食べて、腸内フローラのバランスをキープしていきましょう。

腸内フローラを整えるためにおすすめ!ライザップのビフィズス菌
バイタルフローラはあのライザップが開発した、腸内フローラを整えることを目的としたビフィズス菌サプリメントです。

人間の腸に最も適したヒト由来のビフィズス菌BB536に加えて、お腹のビフィズス菌を増殖させて整腸効果を示すラクチュロースを配合。

自然のままの食品ではと摂ることができないビフィズス菌を補給するだけでなく、すでに腸内に存在するビフィズス菌の増殖も促すことで、腸内環境を良好にし、腸の調子を整えます。

当サイトが、腸内フローラを整えるために一番おすすめしている商品です!

⇒バイタルフローラの公式サイトはこちらから