腸内フローラとアレルギー

腸内フローラとアレルギーの関係

アトピー性皮膚炎や喘息、鼻炎、花粉症。このようなアレルギー症状、実は腸内フローラと深い関係があることがわかっています。ここでは、腸内フローラとアレルギーとの関係についてお話していきたいと思います。

アレルギーが起こる仕組みについて

体内に入ってきた食べ物などは最初に胃で分解され、腸に流れていきます。この時、普通はタンパク質はアミノ酸に分解されるのですが、分解が不十分だとタンパク質のまま腸に流れていくことになります。

 

ただ、腸内にはIgAという免疫細胞が存在しており、この細胞がタンパク質やその他の害のある成分などをブロックしてくれます。こうした働きによって、基本的に体は守られているわけです。

 

しかし、これらの働きが十分に行われないと今度は免疫細胞が本格的に出動してしまう事態となります。この時にIgE抗体という免疫細胞が出てくるのですが、この細胞の反応=アレルギー反応となってしまうのです。

 

腸内フローラの善玉菌がIgAの生産をサポート

腸内フローラは様々な腸内細菌の総称です。そして、その細菌達の1種である善玉菌は、その名の通り腸内で体を守るために様々なサポートをしてくれています。

 

また、腸内に侵入してしまったタンパク質やその他の異物をブロックする際に活躍する免疫細胞、IgA。これの生産をサポートしてくれているのも、善玉菌なのです。

 

つまり、善玉菌を増やすことでアレルギー反応を起こしてしまうのを予防したり、アレルギー体質の改善につなげていくことが出来るということになります。

腸内フローラを善玉菌優勢にしよう

以上のことから、腸内フローラのバランスが善玉菌優勢であることは、アレルギーの予防や改善と深い関わりがあることが分かります。アレルギー体質で悩んでいる人はIgAが生成される量が少ない可能性も高いです。

 

善玉菌優勢になるように必要な栄養素を摂取し、IgAの生成される量を高めていけるようにしていくとよいでしょう。

腸内フローラを整えるためにおすすめ!ライザップのビフィズス菌
バイタルフローラはあのライザップが開発した、腸内フローラを整えることを目的としたビフィズス菌サプリメントです。

人間の腸に最も適したヒト由来のビフィズス菌BB536に加えて、お腹のビフィズス菌を増殖させて整腸効果を示すラクチュロースを配合。

自然のままの食品ではと摂ることができないビフィズス菌を補給するだけでなく、すでに腸内に存在するビフィズス菌の増殖も促すことで、腸内環境を良好にし、腸の調子を整えます。

当サイトが、腸内フローラを整えるために一番おすすめしている商品です!

⇒バイタルフローラの公式サイトはこちらから